妊娠初期症状が出たら、すぐにコーヒーはやめるべき?!

094558
妊婦さんに、妊娠中に辛かったことを聞くと、
良く出てくるのが「コーヒーが飲めないこと」

妊娠中や授乳中は、赤ちゃんへの影響を考えて、
カフェインの摂取を控えように指導されることがほとんどです。

カフェインは、コーヒーの他にも、紅茶、お茶、コ―ラなどの嗜好品に多く含まれています。
シャキッと体を目覚めさせてくれたり、気分をリラックスさせてくれるなど、良い効果もあります。

仕事や育児の合間など、
ほっと一息つきたい時に、好んでカフェイン飲料を飲む女性も多いと思います。

毎日コーヒーを愛飲している方にとって、
妊娠がわかって、いきなり飲むのを止めるのは辛いもの・・・

妊娠初期症状が出たら、本当に、ぴったりコーヒーを止めないといけないのでしょうか?
赤ちゃんへの影響は、本当にあるのでしょうか?

コーヒー等カフェインの胎児への影響は、実際のところ、まだ研究中の段階です。
いろいろな見解があり、カフェイン摂取と赤ちゃんの障害について、はっきりとした因果関係はわかっていないようです。

これに対してアルコールやタバコは、胎児への影響が明らかになってきています。
妊娠中にアルコールを過度に接種した場合、赤ちゃんの発育や知能に影響したり、小頭症などの奇型がおこることが指摘されています。
また、妊娠中の喫煙は、低出生体重児となるリスクがあることがわかっています。

では、妊娠中にカフェインを控えるように言われる理由は、
なぜなのでしょうか?

カフェインには、利尿作用、興奮作用などがあります。
また、腸を刺激したり、心臓の動悸を早める作用もあります。

こうした効果は、大人にとってはちょっとした良い刺激となります。
ですが、まだ体の機能が未熟な胎児にとって、こうした刺激が悪影響を与えないとは言い切れません。

特に、カフェインは体の外に排出されにくいという特徴があります。
なるべくなら、控えた方が無難と言えるでしょう。

とはいえ、コーヒーを数回飲んだからと言って、すぐに影響が出るというものではありません。
妊娠初期に気付かずに飲んでしまった・・・という方は、あまり心配なさらないでくださいね!
過度に飲みすぎないよう、
ノンカフェインコーヒーなども上手に取り入れていくのがおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ