妊娠初期症状で胃のむかつきがおこることもある?!

091267_

妊娠してから、一番最初に出る症状って、どんなものがあるのでしょうか?
初めての妊娠を心待ちにしている方にとっては、特に気になることだと思います。

妊娠の超初期、検査薬で陽性が出るかでないかの頃に起こる症状の1つに、
「胃のむかつき」があります。

人によっては、

  • 胃がずっしり重い
  • 胃がキュッと締め付けられる
  • ゲップがよく出る

という方もいます。

「胃が何かいつもと違う」

そんなことがきっかけで、妊娠に気がついたという方は結構多いようです。
この、胃部の違和感はなぜ起こるのでしょうか。

妊娠すると、ホルモンバランスが急激に変化します。
特に、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが増えると、胃の機能を低下させます。
食べたものが消化されずに胃のとどまる時間が長くなり、胃にはかなりの負担がかかります。

これが、妊娠超初期におこる、胃部の違和感の原因と言われています。
さらに週数が進むと、吐き気などの症状が現れます。
これが、いわゆる「つわり」です。

普段、こうした胃の症状がない方は、妊娠の兆候だと気が付くことでしょう。
ですが、普段から、胃もたれや胃の不快感があったとしたら・・・
妊娠していると気が付かずに、常備薬を飲んでしまったという話はよく聞きます。

妊娠初期の薬の服用は、控えるにこしたことはありません。
薬によっては、お腹の赤ちゃんの奇形など、影響を及ぼすものもあるからです。

但し、市販の胃薬を服用してしまったとしても、そんなに心配しないでくださいね!
一般にドラッグストアで買えるような薬には、そのような強い副作用はありません。

妊娠中は胃に辛い症状が続く方も多いです。
あまり我慢せず、医師と相談して、
安全な薬を処方してもらうようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ