妊娠中の義父母との同居・・・ストレスは大敵?

064977

結婚して、すぐに妊娠する方も多いと思います。
そんな方が直面するのは、慣れない義父母との同居生活でのストレス!!

ただでさえ、妊娠初期は「つわり」など、体の負担の多い時期です。
その上、何かと毎日気を使わなければいけないのでは、かなり辛いですよね。

よくあるのが、こんなケースです。

つわり中でも、家事に手を抜けない

臭いつわりで、調理中の臭いでも気分が悪くなってしまう。
夫と二人だけだったら、外食や惣菜を買って済ませたいけれど、
義父母が同居しているので、吐きそうなのを我慢しながら家事をしないといけない。

とにかく、干渉されるのでイライラ!

気分が悪くて、休んでいると
「どうしたの?外に出て気分転換したら?」
放っておいてほしいのに、いろいろ話しかけてくるので、ますます嫌な気分になってしまう。

自慢話にうんざり

何かと、「自分が妊娠した時は・・・」「昔は・・・」など、自慢してくる義母。
つわりで休んでいると、心配してくれるどころか、自慢話のオンパレード。
「私はつわり中に○○しても平気だった」という話を聞かされるたびに、うんざりしてしまう。

妊娠中は、ホルモンバランスが大きく変わるので、
ちょっとしたことで悲しくなったり、怒りがこみ上げたり、情緒不安定になりがちです。
義父母の何気ない一言も、普段なら聞き流せるようなことでも、深く傷ついたりすることもあります。

妊娠中のストレスは、ママにとってもお腹の赤ちゃんにとっても良くありません。
こんな時は、できれば、妊娠中だけでも実家で過ごすことを考えましょう。

妊娠期間はほんの1年もありません。
その間は、ママと赤ちゃんの体を最優先して過ごしましょう。

義父母とは、出産後、何十年も家族として過ごしていくことになるのですから。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ