スポンサーリンク

妊娠初期症状の吐き気、嘔吐について

スポンサーリンク

2-10_s

妊娠初期症状は人それぞれ違った症状がありますが、
中でも代表的なのが、「吐き気」「嘔吐」といった症状です。

これはだいたい妊娠5週~6週頃から始まって、妊娠12週~16週頃に収束するのが一般的と言われています。
ただし、これも人によって様々です。
早くから始まったり、妊娠後期になっても収まらない方もいます。

この症状は妊娠していない時には産生されないヒト絨毛性ゴナドトロピンが妊娠によって産生されて、妊娠初期の段階で一気に増加することが関わっているのではないかと、いわれています。

この吐き気や嘔吐は本当に辛いものだと思いますが、嘔吐自体は悪いことではなく、胎児にも影響はないので、心配はいりません。
ただし、1日に何度も嘔吐してしまい、その為に、脱水症状になってしまったり、
飢餓状態になってしまうのであれば、治療が必要になってきます。
吐き気や嘔吐がひどく、辛い場合は早めに診察してもらい、相談しましょう。

いつ、どのような時に吐き気や嘔吐がひどいのか、といったことを自分で知ることが大切です。
できるだけ、そのような要素があるものを避けて生活するように心掛けるといいと思います。

ある調査では、夕方にひどくなる妊婦さんが多いという統計が出ています。
夕食の準備などが辛い時は、我慢せず、何らかの対策をとるようにしましょう。

また、空腹にひどい場合は軽くつまめるものを常備しておき、
いつでも食べられる場所に置いておくようにするとよいでしょう。

辛いのを我慢せず、できるだけ改善できるものはしていくようにしなければ、ストレスがたまってしまい、悪影響を及ぼしてしまいます。
辛い時期はほんの少しです。
我慢せずリラックスして過ごせるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ